GF-GTX750Ti-LE2GHD

5月26日、全身カビが生えそうです。

昨日、PCのグラフィックボード(以下:グラボ)が約7年半ぶりにパワーアップしました。

で、今回グラボを買い替えた理由はネットが光接続になりYouTubeを見るとHD動画(1080P)でブロックノイズが酷かったのと写真表示の高速化が目的です。

いままではASUSのEN9600GT/HTDI/512M という製品でGeForce 9600 GT メモリ512MB メモリ規格GDDR3でしたが、玄人志向のGF-GTX750Ti-LE2GHDになりGeForce GTX 750 Ti メモリ2GB メモリビット幅128Bit メモリ規格GDDR5と大幅にパワーアップ!!
それなのに価格は安いとか技術の進歩を感じますねw

ここ数日の値下がり傾向とアマゾンのタイムセールで安くなってたので購入に踏み切りました。
P5250016.jpg
カメラ:OLYMPUS STYLUS XZ-2

箱はめっちゃ大きいのに中身はこれだけw
P5250017.jpg

P5250026.jpg

あきらかにシンプルで小さいです。
P5250018.jpg

P5250029.jpg

上がお古、下が新入り
基盤面積でいえば3分の1くらいになってます。
その分、ファンの大きさも小さくなってますが…
P5250036.jpg

7年半の埃がファンとヒートシンクの間に溜まってました。
ファンが下向きに付くので埃がたまっててても見えないんですよね。。。
P5250031.jpg

グラボが小さくなったので配線もまとまりエアフロー少しは良くなった気がします。
電源から伸びてるコネクタ類はかなり余ってますが、これだけ接続してたらこれ以上は無理っぽい気がします。
P5250039.jpg

YouTubeに関してHD動画でも快適に表示されるようになりました♪
ただ1440Pではきれいに流れますが2160Pだとプツプツで何が原因なのかは謎です。

カメラのRAWファイルはDPP4がCUDA対応になり、サムネイル表示の高速化されるようになりました。
で、試してみたところこれは速いです。一覧のサムネイル表示も徐々に表示されてたのが立ち上げた瞬間に全部表示されてるし大きく開いても4秒かかってたところが2秒くらいで開きます。
ただ、これは表示のみで現像速度は変わっていないので、そこは諦めるとしても編集作業が早く進むのは助かります。
と言うか、DPP4って実はほとんど使わずSILKYPIXなんですけどね。CUDA対応ではありませんがこれも気持ち程度早くなったような???

やりもしないFF16のベンチマークでも最高の設定にしても「快適」と表示されたので十分です。

関連記事

COMMENT 3

-  2016, 07. 11 [Mon] 19:30

ありがとうございます。参考にさせていただきます m(_ _)m

Edit | Reply | 

ニシヤマ  2016, 07. 10 [Sun] 23:14

To -さん

CPUに関してはi7 2.67GHz
RAWはPC内にあった適当なフィルですので不明です。

Edit | Reply | 

-  2016, 07. 10 [Sun] 12:18

CUDA での DPP ワークフローの高速化に期待しているのですが、よろしければ CPU とどの機種の RAW データでの速度か教えていただけないでしょうか?

Edit | Reply |